ホームヘルパーに必要な資格

ホームヘルパーは、訪問介護の仕事をすることになります。要介護者の自宅に訪問をして、日常生活の手助けや介助を行う仕事です。ホームヘルパーの仕事は多岐にわたり、生活援助・身体介護・通院等乗降介助など、その仕事内容は大きく3つに分けることができます。
生活援助は、主に身の周りの世話や家事を行うことです。料理や掃除・洗濯・日用品の買い出しなどをする必要があります。身体介護は、食事介助・排泄介助・入浴介助を行うことです。他にも、移動の介助や体位変換や着替えの手助けなどをする必要があり、体力が必要になる仕事内容となっています。通院等乗降介助は、要介護者が病院や施設などに移動する時、車両の乗り降りを介助する仕事です。
このように、ホームヘルパーの仕事は多数あります。しっかりとした知識がなければ、重大なミスにつながってしまう可能性もあるのです。そのため、ホームヘルパーになるには資格が必要になります。資格を取得することで正しい知識を得ることができ、質の高い仕事を行うことができるでしょう。
ホームヘルパーの資格には、介護職員初任者研修や実務者研修などがあります。平成25年に、ホームヘルパーの資格が改正されました。資格の改正後は、改正前に比べてしっかりとしたキャリアパスが構築されているようです。ホームヘルパーの仕事をしたいと思う場合は、基本的な知識を得るために、まず資格を取得することからはじめてみましょう。
チェックして欲しいサイト・・・『ホームヘルパーになるには?